HD39Darbee HD39Darbee

人間の目を徹底追求した新しい映像技術
DarbeeVisualPresence搭載。

  • RoHS
  • ブリリアントカラー
  • フルハイビジョン
  • Full3D
  • HDMI
  • DLP

※ワイヤレス機器は日本未導入です。

ビジュアルグランプリ2018 SUMMER(プロジェクター(10万円以上20万円未満))受賞

  • Darbeeエンハンスメント技術搭載により、深く鮮明な映像を実現。
  • Darbee効果は3段階から、コンテンツや好みにより選択可能。
  • 特にDarbeeゲームモードは、ゲームなどのCGコンテンツに最適。
  • BT.709を約97%カバーする広い色域。
  • 3500ルーメンの明るさで、リビングシアターに最適。いろんな場所で楽しめる。
  • 長寿命4000時間(ブライトモード)ダイナミックブラックモードではなんと15,000時間を実現。
  • レンズシフト機能(垂直方向+17%)を搭載。
  • 2種の3Dシステムを標準装備、お好みに合わせて選択可能。

HD39Darbee映像エンハンスメント

Darbeeモードを選ぶことにより、よりリアリティのある映像をお楽しみいただけます。

off
デフォルト状態は「オフ」でDarBee機能は働いていません。
Hi-Def
アルゴリズムの最もソフトな調整。ブルーレイビデオのような高品質コンテンツに適しています。
Gaming
中程度にアグレッシブな調整。コンピュータが生成するコンテンツに適しています。
Ful Pop
最も効果が強調される調整。ビデオ品質を向上させるために、低解像度または低品質なビデオソースに効果的です。
レベル
更にその調整値の範囲で、0から120まで詳細調整を行えます。
デモモード
デモモードはDarBee調整後とオフの状態と比較することが出来ます。「スワイプ」は画面をスワイプして比較できます。

米国DARBEE VISIONが開発した映像処理技術です。人間の目は対象のどの部分を注視するか。人間は立体をどのように認識するか、をテーマにした独自の画像解析技術です。
HD39Darbeeにはプロジェクターとして初めて採用されました。

BT.709を約97%カバーする広い色域。

放送業界やBlu-rayなどハイビジョン映像で、色域の標準規格としている「BT.709」の色域を約97%カバーし、豊富な色再現を可能にしました。

「BrilliantColor™(ブリリアントカラー)」テクノロジー採用による繊細な色彩再現

ブリリアントカラー・テクノロジーは新しい色彩処理アルゴリズム、およびシステム・レベルのカラー信号画質向上処理を使用し、より優れた色彩を提供しながら、さらに高い輝度の画像を実現します。

DLPリンク方式とRF(電波)方式の2種類の3D方式に対応

DLPリンク方式は”3Dアクティブグラス”だけで”エミッター”が不要なため、手軽に3D鑑賞を楽しむことができます。また不快なクロストークもほとんど感じることがありません。
RF(電波)方式は”3Dアクティブグラス”と”エミッター”が必要ですが、より高いコントラストと明るい映像を楽しんでいただけます。

DLPリンク方式

3Dアクティブグラスのみで利用可能
別売の「3Dアクティブグラス ZD302」の
詳細・スペックはこちら

RF(電波)方式

3Dアクティブグラスと”エミッターが必要
別売の「3Dアクティブグラス ZF2300/エミッター BC300」の
詳細・スペックはこちら