zw310st zw310st

青色レーザーとデュアルホイールが作り出す鮮やかな画像
発表者の影が画面上にできない 短焦点プロジェクター

オプトマの脱水銀プロジェクター。日本初登場!
レーザー光源で3200lmの高輝度と、20,000時間の長寿命を実現。
クリアーな映像が会議やプレゼンテーションを加速します。

  • DLP
  • HDMI
  • ブリリアントカラー
  • RoHS
  • Hg
  • 100インチを1mの距離から投写可能な短焦点プロジェクター
  • 3200lmの高輝度
  • WXGA(1280×800)DLP方式、PC解像度(16:10)をドット・バイ・ドットで再現
  • レーザー光源なので素早い起動(クイックスタート)、電源を切ってすぐにしまえるクイックシャットアウト
  • 誤って電源を落とした場合でもすぐに再起動が可能な、クイックレジューム機能搭載
  • 約20,000時間の長寿命光源
  • クレストロン、エクストロン、AMX、PJ-Link、Telnet をフルサポート
  • 映像のゆがみが少ない、ミラーを使用しない短焦点
  • レーザー光源採用のため、天吊りはもちろん 縦位置投写も可能(投写可能位置の説明図はコチラ
  • 24h連続投写が可能で、デジタルサイネージに最適
  • RoHS(ロース指令)対応
  • 【ご注意】短焦点プロジェクターをご利用になる際には、平面性の高いスクリーン(オーエス PA、SZP、SVS、まくいたなど)をご使用頂くか、
    テカリの少ない平らな壁に投写してください。それ以外のスクリーンなどは映像が波打ったり、歪んでしまう可能性があります。

色彩の豊かさを生み出す青色レーザー光源、環境にやさしい水銀フリー

青色レーザーの光を蛍光ホイールで分色し、さらにカラーホイールが赤色を分色するとともに色純度を上げる働きをしています。 RGBに黄色を加えたカラーパレットは、より豊かな色彩を生み出し、水銀ランプ方式の約120%の広い色域が実現しました。

レーザー光のノイズを除去するデュアルホイール採用

蛍光ホイールとカラーホイールの組み合わせ(デュアルホイール)は、ナノレベルのエッチングがなされた表面を持ち、レーザー光特有の斑点(ノイズ)を抑え、極めて高い均一性を創り出します。

ナノエッチングの表面
典型的なレーザー光
均一なレーザー光

BrilliantColor™テクノロジー 採用による繊細な色彩再現

ブリリアントカラーはホーム用プロジェクターで培われたテクノロジーで、中間色を強め、画像制作者の意図する色彩へ近づけます。

3D対応、エミッター不要の DLP Link方式を採用

DLP Linkは、超高速イメージングDLPチップにより交互に左右の2画面を画面投写すると同時にアクティブグラス(眼鏡)に信号を送信します。それにより外付けエミッターも不要になり、視聴ポジションの制約から開放されます。
DLP Linkによる3D鑑賞をする際は、別途3Dアクティブグラス「ZD302」をお買い求めください。
(3Dアクティブグラス「ZD302」の詳細・スペックはこちら


クリックで拡大
(型式:ZD302/JANコード:4942465016713)

IP5の防塵性能を持つ光学エンジンと、
本体をダストフィルターで保護する防塵処理

教室のようにホコリの多い環境下では、フィルターがホコリの侵入を防ぎます。
さらに掃除機で掃除したりフィルター交換をすることで、プロジェクターをいつまでも良好の状態に保ちます。